多汗症とわきがの違いについて

多汗症とわきがの違いとアポクリン腺とエクリン腺

多汗症とわきがをエクリン腺とアポクリン腺で説明しますね。

 

エクリン腺⇒多汗・汗かき

 

一般的な「汗」を出すのは、エクリン腺と呼ばれている汗腺です。

 

エクリン腺は、全身に分布していて、汗の成分は、99%が水です。
ですから、サラサラしていて、ほとんど臭いません。

 

残り1%の中に、塩分・尿素・アンモニアなどが混ざっています。

 

エクリン腺から出る汗は以下の時に出ます。

 

  • 熱い時や、運動時に体温調節するため
  • 精神的に緊張したとき(冷や汗など)
  • 熱いもの・辛いものを食べたとき

 

一般的に「汗」と言われるものは、このエクリン腺から
出る汗のことなんです。

 

 

エクリン腺が活発な人は、「多汗」「汗かき」になります。

 

エクリン腺から出る汗自体は、臭いはないのですが、
その汗に含まれる栄養分を食べる皮膚の常在菌が繁殖すると
「その老廃物」が、臭いを出すんです。

 

その「菌が出す老廃物」が臭いにおいを出すんですよ。

 

また、たくさん汗がでることで、1%の中に含まれる塩分・
尿素・アンモニアが、衣類に蓄積して、臭いにおいを発する
こともあるんですよ。

 

エクリン腺から出る汗自体には、臭いがありませんから
「多汗」「汗かき」さんの汗の臭いの素は、
汗を吸収して蓄積した衣類が臭っていることが多いんです。

 

「スポーツをしているときの汗の臭い」でお悩みの方も
同じことなんですよ。

 

そのため、汗かきの人、多汗の人、スポーツのときの汗の
臭いが気になるという方は、汗を吸収した衣類の消臭対策が
最も簡単で効果的な対策なんですね。

 

 

アポクリン腺⇒フェロモン的臭い・わきが

 

もうひとつの汗腺は、アポクリン腺でしたね。

 

アポクリン腺は、脇の下やおへそのまわり、耳の
外耳道や性器のまわりなど、身体の一部にしかないんです。

 

アポクリン腺は本来、動物が持つ、異性を
ひきつけるための「フェロモン」を出すための
汗腺なんですよ。

 

人間が服を着るようになり文化的な発達を遂げる中で、
異性や種族を示すための「フェロモン」は、人間にとって、
重要ではなくなりました。

 

その名残として、身体の一部分に、そのフェロモンを出すための
汗腺(アポクリン腺)が残っているのです。

 

 

つまり、アポクリン腺は、第二次成長期を迎える頃に発達し、
tんぱく室・脂質・糖質・アンモニアなどを多く含んだ
粘り気のある汗が出ます。

 

このように、アポクリン腺から出る汗は、栄養がたっぷりで、
皮膚の常在菌も繁殖しやすく、独特の発酵臭を出すようになります。

 

これが「わきが」と呼ばれるんですね。

 

アポクリン腺による「わきが」の対策は、重度の人なら、根治治療
するために外科的手術で、アポクリン腺を取り除く方法があります。

 

美容クリニックなどでも、相談すると、手術に応じてもらえます。

 

ただし、手術するとなると、費用も時間もかかります。

 

軽度のわきがなら、デオドラントや制汗剤、制汗対策グッズなどで
対応出来ますよ

 

 

関連ページ

ワキガに梅干がいい?臭いの改善に効果がある?
ワキガや脇汗のきつい臭いに梅干が、改善効果が期待できるのはなぜなのかをまとめました。